ブログ

2020/06/08

ちょっと一息 11

歩いていている毎日の中で すれ違う親子の会話が耳に残ることが多いなと感じる最近です。私が気に留める親子の年齢層は若いママさんと未就学の年齢であろう子供という組み合わせが多いです。つい先日も自転車で2人乗りをしていた親子が私を追い越していった時の会話が残っています。 ママさん「 ・・お肉は・・じゃあごはんは?」 子供「白いごはんは栄養がいーっぱい」 ママさん「ごはん大好きだね・・」こんなやりとりが聞こえてきていました。 白飯(お米)、私も好きだし栄養があることもわかっているはずだけど、好きとか栄養があることが当たり前になり過ぎていて、何も思うことなく毎食のように口に入れていたなあとふっと気づかさ…

続きを読む
2020/06/01

こころの音色 ~日々の暮らしの中で~ 10

 一気に暖かさが増し、一斉に家の近くの桜並木が、ピンク色に染まった。と思ったら、夜中に急激に気温が下がり、おまけに強い風も吹いた。早朝の犬の散歩時、散策の小道はピンク色の絨毯を引きつめたようであった。  澄み切った空気、小鳥のさえずり、チュウリップ・水仙・ムシカリと咲き終え、シャクナゲ・つつじ・スズラン・芝桜と、様々に咲いては散歩道の彩りが変化していく。  今朝も初老の夫婦(夫と私)と、かわいい、かわいい黒の柴犬と、日課通り五時前には起きて、身支度もそこそこに散歩に出かけた。雨上がりの風もない清々しい空気の中、すれ違う人もなく、遠くにちらほら人影が。  ライラックの木々が一斉にたわわに花を咲か…

続きを読む
2020/05/22

ちょっと一息 10

ステイホームで見えたこと  週に4日通っている職場が休業となり、ステイホームの期間が長く続いていました。 一日中家に居るということがあまりない生活が続いていて、「時間が無い」を理由に手を付ける事ができなかったことが、「時間がある」ことで手を付ける事ができるのか・・・?さて、この問いに皆さんはどのように答えられるでしょうか?  社会に出てからこれまで、こんなに長く家で過ごしたことがあったかな?せっかくだから時間を有効に使いましょう…と頭ではわかっているし、あれこれと考える事は出来るけれど、結局何もしないで一日が終わった日のなんと多かったことか…(笑)  私の場合、手を付ける事ができないのは「時間…

続きを読む
2020/05/15

こころの音色 ~日々の暮らしの中で~ 9

わかっているけど・・・  私は障がいや病気を持つ人々の支援に関係する仕事を行っています。今回は、日々の利用者さんとの関わりの中の一部について紹介したいと思う。  ある利用者Bさんから電話があり「今日も朝に2度寝をしてしまって、仕事に行く事ができませんでした・・・」という内容でした。その利用者さんが私にわざわざ電話をくれたという行動には、その利用者さんなりの思いがあると感じたため、私は相談室で利用者さんから詳しく話を聴かせてもらいたいと言葉をかけた。  相談室でBさんから詳しく話を聴かせてもらうと「一度は布団から出て起きたのに、また布団に戻ってしまった。・・・自分の気持ちの底に、私一人くらい仕事…

続きを読む
2020/05/08

ちょっと一息 9

 雪解けがすっかりすすみ日差しも暖かくなってきていた3月下旬から、通勤を徒歩に変えています。片道1時間弱、急ぎの時は黙々と歩くことに集中していますが、多くの行き帰りはノンビリと景色を眺めながら歩いています。公共の乗り物に乗って通勤していた時とは違い、様々な景色・街の風景を眺めながらの時間は季節感を私に感じさせてくれます。雪解けの水で川幅が広くなっている豊平川、街路の花壇では花が少しずつ咲き始めています。空地には伸び切ったふきのとうやつくしの姿も。・・乗り物に乗っていると気がつくことの出来ない鳥のさえずりも多く聞こえてきます。先週あたりから、公園で楽器の練習をしている人の姿も見かけるようになりま…

続きを読む