ブログ

2024/04/15

こころの音色 ~日々の暮らしの中で~ 103

「夜のカウンセリング学習会」   私は札幌カウンセリング学習センターで、夜に学習会の世話人をしています。この学習会が始まったきっかけは、私と同様に福祉の現場で仕事をしている仲間の数名から「仕事で利用者と関る事に困っているため、カウンセリングを学びたい」といった声が挙がったことからでした。みんな日中はシフトで仕事に入っているため、学習会は「夜19時から」という形になりました。   学習会の中では、福祉職に就く皆さんから、利用者の方々や上司・後輩とのやりとりを通して沸いた気持ちの葛藤などが語られます。もちろん、世話人である私も自分の気持ちを語りたくなったら語って、参加者の皆さん…

続きを読む
2024/04/08

ちょっと一息 103

知人の言葉で動いたこと・・   その知人は今、家族のことで困っている状況にあります。 私に話すまえにも 周りの親しい人にそのことを話していたようで、アドバイスや思ったことを沢山言われたとのことでした。  また、困った状況に関わっている専門家の人達も何人かいて、それぞれの立場から意見を言われている様子。   「みんな色んな事を言うから どうしていいかわからない」と言っていました。   その知人に限らず、迷ったり困ったり悩んでいる時にそのことを周りの人に話すとそれぞれの考えや思ったことを言われてしまうということは起きてしまいます。   カウンセリングの場面で…

続きを読む
2024/04/01

こころの音色 ~日々の暮らしの中で~ 102

60歳からの談話室 コモンルーム《ひだまり》   他のカウンセラーが担当している60歳からの談話室 コモンルーム《ひだまり》 に時々ではありますが、参加させていただいています。3月21日に行われた会では、気力、体力、学ぶ意欲もまだありつつ、しかしやりたいことが見つからない、言いようのない焦りと虚しさ等、話題もこれからの長い老後のことになっていきました。何をしたら良いのか、行動するにしてもどうしたら良いのか等と模索しながらの聴き合いをしていると、少しずつ明確になってくるからおもしろい。   老後は、長く生きていると誰にでも等しくやって来ることです。残った人生を何とか充実したも…

続きを読む
2024/03/22

ちょっと一息 102

いとこ会に感謝   父方のいとこ会が開催されるということで、実家に帰りました。 父は7人兄弟の末っ子なので、いとこ達は私よりも年上の方々ばかりです。 小さい頃は年齢の差があまりにも大きくて、近寄りがたい存在だったはずなのに、その年齢の差は関係なくなり、一緒に飲んで話をしているのが、最初の頃はちょっと不思議に感じていたけれど、今となっては会って一緒に飲めることを楽しみにする程になりました。 この間、コロナ禍もあって、開催が見送られていたので、実に4年ぶりの開催。 昨年帰省したので、一瞬どうしようかと悩みましたが、今会えるときに会いたい人には会っておきたいという気持ちの方が強く、せっかく…

続きを読む
2024/03/15

こころの音色 ~日々の暮らしの中で~ 101

「夜の学習会」   私は当センターにて、夜の学習会グループで世話人をさせていただいております。このグループは3年目で、月に2回、1回2時間という枠の中で継続しています。   主な参加者は、私が働いている職場の仲間や関係する福祉事業所の人たちです。今回、参加が2回目となる高校生や初の参加となる福祉従事者の方なども参加され、合計6名での学習会となりました。(私が写真を撮ったので、自分が写れていないのが残念です) 夜の学習会に参加されているメンバーの方々・・・※カメラ目線の方もいらっしゃいますね。この日は、お隣の部屋でも別の学習会が開催されていました。    …

続きを読む